So-net無料ブログ作成

デヴィッド・アーチュレッタコンサート@Foster Festival in Okinawa, Japan (2011/10/15) [David in Japan!]

DSCN0301.JPG
MCCS2.jpg
Gray1.jpgGray2.jpgDSCN0311.JPGDSCN0498.JPGIMG_0311.JPGIMG_0306.JPGDSCN0456.JPGSANY0051.JPG
Liz1.JPGLiz2.JPG
Energetic, emotional, sexy and cute photos of David Archuleta in Okinawa: Credit to mayumi, Gray, mokk, taorin, mebaru, Liz and MCCS!

あの日からはや半月が経過しました。でも、だからそ、あの瞬間を客観的に振り返るのにちょうどいいのかもしれません。日本の沖縄という地で行われたデヴィッド・アーチュレッタのライブコンサートの様子を、自分の備忘録を兼ねてまとめてみました。

そもそもこのコンサートは、沖縄の米軍基地にいる海兵隊とその家族のためにMCCSエンターテイメントが企画した催しであり、日本のデヴィッドファンのために開かれたものではありません。この点が他のアジアの国々で催されたデヴィッドのライブコンサートとは根本的に異なります。観客の大半が米国人であることが最初から決まっている、慰問コンサート。幸い地元の人々に解放されたイベントだったので、我々日本のファンも運良く参加することができた、という感じでしょうか。土曜の夜のコンサートとはいえ、場所は沖縄。日本のどこから訪れるにしても、決して便利な場所ではありません。しかも、天候に左右される催し。下手すれば空振りに終わるリスクも十分にあるなか、正直、どのくらいの日本人ファンが会場に足を運ぶのかは、当日までまったくわかりませんでした。

s-画像 013.jpgIMG_0268.JPG
(写真左)10/15早朝 (右)コンサート開始数時間前

コンサート当日の朝は曇天。しかし、すぐに雨が降り出しました。お昼を過ぎてもやむ気配はなく、むしろ時折激しく降る様子。予め、演奏機材などの関係で少しの雨でも中止になるとの情報が入っていたこともあり、かなり絶望的な気分になりました。だって、その時点で手元にあった情報といえば、
・順延で16日のコンサートになった場合は、アイヤズの後の出演になり、とんでもなく遅い時間から始まることになる。デヴィッドの出演時間が短縮される可能性もある。
・15日夜だけの予定で沖縄にきていて、16日に順延になると参加できないファンが複数いる。
・16日も雨だと、基地内のクラブでのコンサートになり、その場合米軍関係者のエスコートがないと、日本人は中に入れない(=デヴィッドがそこにいるのに、日本人ファンの多くがコンサートを見られない可能性がある)。
さらに追い打ちをかけるように、デヴィッドのオフィシャルサイトからはM&Gの詳細がなかなか入らず、こちらもかなり気をもむ展開に。

幸い、基地内にいるkaychanの友人からの連絡で「よほど激しい雷雨にでもならない限り」フェスティバルは行われることが確認できたのは、午後1時を過ぎた頃でした。併せてデヴィッドが既に現場にいることもわかりました。ふむ、当人がフェスティバル会場にいるであれば、最悪でも姿は見れるはず!(弱気・・・^^;)と少しはほっとしたものの、一方で、ではなぜM&Gの詳細の連絡がないんだ!と焦りが倍増。(そう、私はとっても小心者なんです。隣に、場慣れしていて強心臓で楽天的、それでいて細部までばっちり気配りできるkaychanがいてくれて本当に助かりました♪)。

何はともあれと会場に向かう途中で、いつのまにか雨は小降りになり、さらに車内でのDMとメールを駆使した連絡の末にM&Gについても確認が取れました。通常ならホテルから会場へは車で20分程度のところ、実は我々は「道に迷う(目的地を大幅に通り過ぎる)」という特殊事情により1時間ほどかかったので、それが幸いしたのかも(笑)。おかげで雨に濡れることなく、座ったままでいろんなことが片付きました。ありがとう、hirorinさん♪ 

会場にようやくたどり着き、ちょっとドキドキしながらゲートを通過。それからバスに乗って会場入口へ。米軍基地の敷地に入るのは初めてでしたが、全然気持ちに余裕がなく、ほとんど何も覚えていないなあ(^_^;)。会場入口でセキュリティ検査をしっかりと受け、フェスティバル会場へ。この時点で既に雨はほぼ止んでいました。
既に会場に入っていたファンの人たちから、デヴィッドのTシャツ売り場があることや、MCCSのM&G当選者は既にパスを受け取れることなどを教えてもらって、我々はMCCSの担当者探し。Tシャツを売っていたお兄さんに声をかけてMCCSの担当者を呼んでもらい、当選者名簿の確認や集合時間などの確認を行いようやくほっとできました。MCCSのM&G担当の黒人のお兄さん&お姉さんはとても親切&フレキシブルな方たちで本当に助かりました。いろいろお世話になり、ありがとうございましたm(_ _)m。 
M&Gの集合時間までにはまだ時間があったので、ここでピザで腹ごしらえ。とにかく気が小さい私は、この段階で初めて沖縄に来て食事をしたような気がしました(苦笑)。

◆ M & G

MCCS1.jpgM&Gは、コンサート開始の約1時間前から、ステージの真裏(まさにバックステージ・笑)に設けられたテントの中で行われました。総勢50名程度のファンが直接デヴィッドと会話し、サインを貰ったり、握手したり、ハグしてもらったり。そして、MCCSが、デヴィッドと各自のツーショット(3ショット、4ショット、5ショットもあり)写真を撮影してくれました。レーベルがまったく関与していないコンサートのため、会場ではTシャツしか販売されていなかったこともあり、Tシャツにサインをもらう人が多かったようです。もちろん、準備万端の日本のファンは、CDやDVD、本などと持参していたことと思いますが・・・実際はどうだったのかな?
左の写真は、そのTシャツにサインをしているデヴィッドです。数あるM&Gの写真の中で、私が一番気に入ったのがこの写真です。サインするために全身を使ってTシャツを広げているところがすごい!と思ったことが1つ。そして、もう1つは、この写真を見て、2年前にakiraさんがデヴィッドの初めてのアメリカツアーに参戦したときに、彼女がTシャツの背にサインを頼んだところ、デヴィッドがなんと彼女が着ているTシャツの袖口から手をいれてTシャツをぎゅっとひっぱってサインしてくれた、と話していたのを思い出したからです。綺麗にサインするために、結構いろいろしてくれちゃうところが、とてもデヴィッドらしいなぁ。
そしてこちらは、minaちゃんが撮影してくれたM&Gの様子。デヴィッドの表情が実に良く撮れてます。M&Gの雰囲気もばっちり伝わっってきます。


Credit: nktk1015oki

とろこで、コンサート会場全体では日本人の観客は1割程度でしたが、M&G参加者では、なんと日本人ファンが実に4割近くを占めていました。これって結構すごいですよね。これもひとえに、日本人ファン限定のコンテストを開いてくれたDavid Archuleta Official Siteの尽力と、30名という大量の当選者を大盤振る舞いしてくれたMCCSのおかげです。ありがとうございました!
そして、コンサート前にこれだけの人数のM&Gを快く引き受けてくれたデヴィッド・アーチュレッタ、本当にありがとう~!!!

◆ コンサート


Muzicons.com

フルコンサート(120分間)が聴けます。mebaruさんが録音してくれました♪ どうもありがとう(^O^)/
MP3のダウンロードはこちら。(右クリックでファイルに保存。約145MB)

◆ セットリスト

1. Stomping The Roses
2. The Other Side of Down
3. A Little To Not Over You
4. Everybody Want To Rule The World
5. A Thousand Miles
6. Something 'Bout Love
7. Stand By Me
8. Touch My Hand
9. Gotta Get Thru This / Message in a Bottle ~ バンド紹介
- Happy Birthday to you
10. Works For Me
11. Falling Stars
12. My Kind of Perfect
13. Elevator
14. Heaven
15. Zero Gravity

~アンコール~
16. Crazy
17. Crush

各曲の動画は<続きを読む>から。


1. Stomping The Roses

Credit: nktk1015oki
reikoさんのSTR
mebaruさんのSTR, TOSOD, ALTNOY

2. The Other Side of Down

Credit: nktk1015oki
taorinさんのTOSOD

3. A Little To Not Over You

Credit: nktk1015oki
reikoさんのALTNOY

4. Everybody Want To Rule The World

Credit: taori717

5. A Thousand Miles

Credit: nktk1015oki
reikoさんのATM
mokkさんのATM

6. Something 'Bout Love

Credit: nktk1015oki

7. Stand By Me

Credit: nktk1015oki
reikoさんのSBM

8. Touch My Hand

Credit: nktk1015oki

9. Gotta Get Thru This / Message in a Bottle ~ バンド紹介

Credit: cristobalite4126 (from "David Archuleta Concert Okinawa Part 6")

(続き) + Happy Birthday to you + Works for Me


Credit: taori717
reikoさんのバンド紹介~

10. Works For Me

Credit: nktk1015oki

11. Falling Stars

Credit: nktk1015oki

12. My Kind of Perfect

Credit: nktk1015oki
mokkさんのMKOP

13. Elevator

Credit: nktk1015oki
mokkさんのElevator

14. Heaven

Credit: reiko101511
minaちゃんのHeaven (partial)
mayumiさんのHeaven
mokkさんのHeaven (partial)

15. Zero Gravity

Credit: nktk1015oki

~アンコール~

16. Crazy

Credit: nktk1015oki
mayumiさんのCrazy
reikoさんのCrazy
kacychanのCrazy

17. Crush

Credit: nktk1015oki


M&G終了直後に開演したコンサート。残念ながらM&Gに参加できなかったファンのみんなが、どうやら最前列近くでコンサートを見ることができた様子がステージ側から撮影された、この記事の上から2番目の写真を含むMCCSの写真たちから見て取れます。その表情や動きから、各自がコンサートを本当に楽しんで、堪能している様子が伝わってきます。なんだか見ているほうが嬉しくなります[揺れるハート]

私はM&G会場に最後の方までいたため、コンサートは後ろのほうで見ることになりましたが、やはり周囲のアメリカ人のみなさんは背が高く、しっかりとデヴィッドを見るというわけには行きませんでした。もっとも、セットリストをツイートすることにかなり気を取られていたことも大きな要因ではあります。自業自得とはいえ何も準備していなかったので、曲名のスペリングさえ怪しかったし(^_^;)。 結局は隣にいたkaychanにいろいろ確認せざるを得なかったので、kaychanはうるさい私のせいでせっかくのコンサートに集中できなかったかもしれません。ごめんね、kaychan。

しかし、これほど見事な動画や音声を録画してくださったみなさんのおかげで、フルコンサートがいろんな角度から何度でも楽しめるなんて、なんて贅沢。ほとんど撮りっぱなしだったminaちゃんを初め、初めてのアップロードに大変な労力をさいてシェアしてくださったみなさん、本当にありがとうございますm(_ _)m

◆◆◆ ◇◇◇ ◆◆◆


デヴィッドはライブで見ると格段に素晴らしいとは常々言われていることで、ライブを聴いたらどんなに感動するだろうかと実は密かに期待していた。ところが現実は、私の集中力不足&準備不足&肉体的・精神的疲れのせいで、いまいち「その場にいる」ことができなかった。いま思い返すと実にもったいない。
それでも、その時の私の耳には、前半のデヴィッドは絶好調のように聴こえた。後半の数曲ではさすがに高音が出ないところが気になったが、それでもその場でのステージプレゼンスは十分だった。

しかし実際には、デヴィッドはたぶん絶好調などではなかった。以前彼のライブに参加したことがある人の中には、この日のデヴィッドの声はむしろ、体調が悪いのか声が全然出ていないとさえ感じられたようだ。とすれば、いまひとつ気分が乗り切れていなかった私にさえ十分に素晴らしく聴こえたあの日のライブは、"いまいち声が出ていない"デヴィッドのものだった、ということになる。だったら、体調ばっちりで声が十分に出ているデヴィッドのライブって、いったいどれほど素晴らしいものなのか? 機会があれば、ぜひとも体験してみたいものだ。

今後デヴィッドのライブを見る機会はというと、11月19日のシンガポールでコンサートか、12月の米国でクリスマスコンサート・ツアーか?まあ、私が行くのはどちらも現実的ではないが、12月のクリスマスコンサートには、シェイマスくんやAicoちゃんが参戦予定。シェイマスくんは沖縄にも参加しているので、ぜひその違いを聞いてみたいところ。シェイマスくん、よろしく~[手(チョキ)]。Aicoちゃんは、初めての生デヴィッドを楽しんでくださいね!冬の高級リゾート地でのデヴィッド、雰囲気的にも十二分に楽しめると思いますよ♪

コメント(18) 

コメント 18

kaychan

えっ、強心臓? 心配性ではないだけよ!
いざとなったらやっぱりrikuchanさんの交渉(ハッタリも必要)能力、押しの強さがものを言うってこと、よーくわかったわ♪

シンガポールは写真・動画・録音が一切禁止されているから、参加する人はデヴィッドのライブに集中できると思うけど、行かない人には淋しいものになりますね(;_;)/~~~ (忍者くんに期待)

シェイマスくん、Aicoちゃん、楽しみですね~❤

by kaychan (2011-10-30 10:31) 

hirorin

なんの迷いもなく、大幅に通り過ぎてたね。いつもの私の実力が、見事に発揮されました♪お役に立ててたのかな??よかったです^^ 
rikuさんたちが、いろいろと心配してくれたおかげで、私はあまり不安もなく、のんびり沖縄を楽しめました。ほんとに感謝しています!
by hirorin (2011-10-30 11:15) 

mebaru

りくさんこんにちは~
今回の沖縄旅行ではびっちり横におりましたが何の手助けも一切しないというスタンスの私でごめんね~
しかもM&Gからコンサートのときだけばっちりりくさんと離れてましたねえ(笑)
おかげでデヴィッドとはツーショット、上の写真にはちょうど写っていませんが舞台に向かって右の前列2番目という最高のポジションをゲットできました。私ってひどいやつです、冷血です、く○です!
長い飛行時間、野外コンサート、無料、撮影規制なしとなると(今思えばなんて幸運)ベストコンディションのデヴィッドを考えていなかったけどすばらしかった。
アメリカのツアーパッケージがそのまま楽しめたようなもの、いろいろな条件が10月15日のその時間のためだけに整ってたのかなと思います。

ライコスのときから歳月は流れましたが、ファンの交流やAAAがなかったらここまで沖縄に熱いファンもたくさん集まりきらなかったはずです。
翻訳や情報を提供してくださったAAAの方々ありがとう!米軍キャンプとはいえ日本の沖縄県でついにコンサート体験をできて感無量です。
私にとってデヴィッドが好きになればついてきたいろいろな負の情報とかは、彼のステージの前ではなんの意味もなかったです。

りくさんが次こそはデヴィッドの音楽にじっくりと寄り添えることを京都六角堂でおねがいしときました!

そうそう、アメリカにいる義妹がキャンプのピザはとびきりおいしいんだってね、食べた?と聞かれました。たしかにあれは美味すぎでしたよね。
りくさんがピザを食べれてよかった

[__るんるん]
by mebaru (2011-10-30 12:27) 

mokk

riKuchanさん本当にいろいろありがとうございました。DAJ開設後の情報提供からmccsやオフィシャルサイトのM&Gの募集もぎりぎりまで呟いて下さって、その上当日はまとめ役とTwitterでの呟き、ほんとうにお疲れ様と有り難うとしか云い様がありません。・・・私も呟くはずだったのにDavid出て来た途端にもう何も呟けませんでした。ただただDavidを見つめ続けていた様に思います。
それにしてもDavidは車から降りて来てすぐにテントに入り立ったままのM&G、そしてすぐにライブ開始、一時も休みなくそれをこなしてたのが凄い!M&Gでのソフトでゆるやか~なしゃべり方を今も忘れられません。
それと、行きも帰りもタクシーの運転手さんに何があるのか聞かれました。”基地の中でコンサートがあるので東京から来た”と言うと驚いてました。地元の人にとっても基地内は別の様です。

次回は思いっきり楽しんで下さいね。(一般会場が無理なら今度は厚木に働きかける???)



by mokk (2011-10-30 18:18) 

シェイマス

りくち~ん、ご苦労さまッ!
準備とか、心配事とか、すんごい大変だったんだね・・・
そんなことがあったとは露知らず、わたしとJCは写真を一枚も撮らずに、ず~っと歌い(叫び)踊りっぱなしでした・・・汗

でもでもでも、とって~も楽しかったです。
本当にご苦労さまでした!!!
で、12月、LAにりくちんも来る?ウフフ~~~[__揺れるハート]

by シェイマス (2011-10-30 19:24) 

reiko

riKuchanさん、沖縄ではいろいろとありがとうございました。
私たちがのほほんとしている間も、神経をすりへらして気を使ってくださって感謝しています。

実際呟きながらのライブは、デヴィッドに集中できなかったことと思いますし、せっかくの初ライブなのに、riKuchanさんは精神的にも肉体的にも大変だったと思います。

今度デヴィッドのライブを観るときには、全身全霊で楽しんで頂きたいです。そんな日が早く来ることを期待して、またみなさんともお会いしたいです。

ほんとうにありがとうございました。
by reiko (2011-10-30 20:22) 

liz

沖縄では本当にお世話になりありがとうございました。
悪天候と情報伝達の悪さで私も不安で一杯でしたが、会場で皆さんと無事に会うことが出来てほっとしました。
M&Gは日本人が4割とは凄いことですね!!キャンプの中はアメリカ人の方たちでいっぱいだったのに。奇蹟ですね。mebaruさんもコメントされているように私たちは規制なしという本当に幸せな恵まれた状況だったと改めて実感します。

Davidの声は私も絶好調には聞こえませんでした。
それでもアンコールで歌ってくれたCrazyはあまりに感動して鳥肌もので震えました。だったら絶好調の彼はどれほどのものか。
またそういう機会に恵まれると信じています。
その時はrikuchanさんも存分にDavidを堪能して頂きたいです☆
by liz (2011-10-30 22:18) 

taorin

rikuchanさん、沖縄では本当にありがとうございました。沖縄も米軍基地もなんだかいままで日本で経験したことのない雰囲気の中、フェスティバル会場で何度もrikuchanさんに声をかけていただきすご~く心強かったんです。もしかして憶えてらっしゃらない?(笑)気持ちに余裕がなかったなんて・・私には一番落ち着いていらっしゃるようにみえましたから。

今回DAJの3人の方々は楽しめたのかな?というのがコンサートの帰りにずっと心の中にありました。MCCSのM&Gの写真の中にrikuchanさんの姿がないのでDavidに会えなかったのでは?と思ったり・・
本当に感謝してもしきれません。みなさんがおっしゃっているとおりつぎの機会には思いっきり楽しんで欲しいです。

本当にありがとうございました。(写真や動画も載せてくださってありがとうございます。)
by taorin (2011-10-30 23:47) 

rikuchan

kaychan、私も頭ではわかってるんですよ。天気を心配してもどうしようもないし、相手方からの連絡も結局は待つしかないことは(笑)。だから勝手に心配して消耗する必要はないこともね。起きたことに対処すればいいだけだってことは、長年生きてきて理解しているはずなのに、こういう新しいことに手を出すと、なかなか治らない昔からの悪い癖(心配性というか、マイナス思考というかね)がぐぐっと顔を出してくる~。反省してます^^;。
ハッタリは、結果がよければ既存事実になるのです。根性いるけど(笑)。

シンガポールは厳しいのですね。なぜだろう?
そして、どうしてフォスターはあんなに緩かったんでしょうね、ラッキーだったけど。(予め聞かなくてよかったね~)
by rikuchan (2011-10-31 00:33) 

rikuchan

hirorinさんの過ごし方こそ、ファンの大道ではないでしょうか。うん、尊敬~♪ 
道に迷っても、どこにも曲がらずまっすぐ走っていたから、戻るのも簡単だったよね~。どこで止まるかだけの問題だったもの。さすが私たち!何も考えないほうが強いっていう見本だよね(笑)。
by rikuchan (2011-10-31 17:52) 

rikuchan

あはは、mebaruさん、そのスタンスで助かりました(っていうか、最初からわかっていた話ではある^^;)。沖縄に行くことさえ決め兼ねていた私をムリヤイ引きずりこんでくれてありがとうm(_ _)m.
めばるさんて、まるで私の母みたいだわ~。
by rikuchan (2011-10-31 17:54) 

rikuchan

mokkさん、こんにちは!ほんと、私の場合は自ら勝手に心配して困っていただけで何の役にも立っていないのです。あ~情けない(^_^;)。
> ただただDavidを見つめ続けていた
そう、それが正しいのです。MCCSの写真を見て、満面笑みの人たちや、真剣にデヴィッドを見つめる人たちの瞳に圧倒されました。やはり、デヴィッドってすごいんだ~、と写真を見て再認識した私です。
さすがに米軍基地に特定のスターを呼んでくれと働きかけることは、日本人&一般人である我々にはあまりに無理筋だと思いますが、どこぞの金持ちかチャリティー団体が何か企画してくれないかしら?
というより、デヴィッドが米国で大ヒット曲を1曲出せば、状況は大きく変わるかも、と思うのですが。ふむ。
by rikuchan (2011-10-31 18:02) 

rikuchan

シェイマスくん、今回はシェイマスくんとJCちゃんがいてくれて本当に助かりました!毎晩宴会場を提供してくれて、沖縄の名所を案内してくれて、それより何よりエネルギーをたくさんもらったよ。ホントありがとう~。
私にとってはブルーシールアイスクリームが、常に聖地でした。しばらくは、アイスクリームで生きていたようなもんです。いいなあ、沖縄。どこにでもブルーシールがあって。

12月のLA、行ってみたいのはやまやまだけど、今年は絶対に無理。きっとデヴィッドのクリスマス曲は絶品だと思うので、楽しんできてね!
by rikuchan (2011-10-31 18:10) 

rikuchan

reikoさん、せっかくいろいろ楽しめるシチューションだったのに、あまりお話できなくて残念!$→¥の両替をするっていいながら突然いなくなってすいませんでしたm(__)m。何かが頭に引っかかると地に足がつかない私の悪い癖です。もうちょっと大人にならんとなあ。
※でも、沖縄ってイオンに当然のように$¥の両替機が何台も並んでいて、ちょっとびっくり。それだけ軍が日常に入り込んでいるということか・・・。

前回のエリオットのように、グアムにデヴィッドが来るなら、きっと沖縄に行くのと同じような感覚で行けるんじゃないかなあ。(でも、公開じゃないんだっけ?)
by rikuchan (2011-10-31 18:23) 

rikuchan

lizさん、こんばんは!沖縄前後のlizさんのデヴィッドへの熱い思いには、私は密かに(別におおっぴらにでもいいんですが・笑)ずっと感動していました。
lizさんが撮影したデヴィッドの写真はどれもcuteで、デヴィッドの写真って、本当に撮影者の好みが出るなあ、と勝手に納得しています。
アンコールのCarzyは、本当にemotionalで良かったですよね!さすがの私もそれには気づきました(苦笑)。kaychanが隣で撮影していたデジカメの画面で、真剣に歌うデヴィッドの画像を見つめていたんですよ~。(なんでナマではなく、kaychanのデジカメの画面を見ていたのかはよく覚えていない(^_^;)。たぶん、私からは直接見えなかったからかな?)
by rikuchan (2011-10-31 18:33) 

rikuchan

taorinさん、いえ、大丈夫です。ちゃんと覚えています。落ち着いているように見えてて良かった~(笑)。
Grayさんやkaychanは全然大丈夫だったと思いますよ。ふたりとも、いろいろ尽力してくれて、ブログの改訂やコメント、つぶやきも一生懸命やってくれていて、それでいてM&Gもコンサートもちゃんと楽しんでいたと思います。ホント、アタフタしていたのは単に私の問題で、自業自得なのです。ああ、情けない(^^ゞ。
しかし、taorinさんはすごいですね!写真も動画もとても初めてとは思えない出来栄え。さらにGBのファイルをYouTubeにアップまでしてくださって。すごく大変だっと思いますが、おかげでようやくEWTRTWが見れた!、本当にありがとうございます~。
あ、デヴィッドには会えました。ご心配頂いてありがとうございます。写真には入らなかったんです~(^^ゞ。
by rikuchan (2011-10-31 18:43) 

hiromi

rikuchanさん、こんばんは~
沖縄では、いろいろとお世話になり、本当にありがとうございました!!デヴィッドのライブを一番前で観ることができ、たくさんのデヴィッドファンの方々とお会いすることができ、そして沖縄観光まですることができ、本当にハッピーで楽しい沖縄旅行になりました。
上から2枚目の写真、初めて見ました。残念ながらM&Gには参加できませんでしたが、デヴィッドと同じフレームの中にいる写真があったなんて感激です。嬉しい~~(^O^)/ 載せて下さってありがとうございます!

私がボ~っとデヴィッドを観てた間、rikuchanさんはず~とツイートされてたと知った時は申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。rikuchanさんがおもいきりデヴィッドのライブを堪能できる日が早く来ることを祈ってます。


by hiromi (2011-10-31 23:44) 

rikuchan

hiromiさん、こちらこそお世話になりました!ほんと、一番前の特等席にいらしたんですねえ。羨ましいっ(笑)。
MCCSが観客を写した写真は、ここにまだ何枚もありますよ。

http://www.facebook.com/media/set/?set=a.305329352816034.96145.173116569370647&type=1

デヴィッドと同じフレームに収まっているのは上の1枚だけですが、観客がもっとはっきりと写っているのもありますので、まだご覧になっていないようでしたら、どうぞ♪ ステージからはこう見えていたんだ~と妙に感激できます(笑)。

そうですねえ、日常をかけ離れたところってことで、いっそ海外のコンサートに行けばいいのかも。目標は来年だっ!


by rikuchan (2011-11-02 18:15) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。